再婚

再婚の結婚式や披露宴

再婚の場合、結婚式や披露宴はどのようにしたらいいのでしょう。
結論からいうと、お互いの考え方次第です。
お2人の意見や、親族の意向も踏まえて検討するとよいでしょう。

 

新婦が初婚の場合は、一般的には通常通りの式を挙げるようです。
やはり女性にとってウェディングセレモニーは憧れです。
一生の思い出になる儀式ですから、初婚の女性にとっては大切です。
女性のご両親に対する感謝の気持ちを表す意味でも、良い機会だと思います。

 

新郎が初婚の場合は、新婦の年齢にもよりますが親族だけの式もあるようです。
親しい友人へのお披露目は、パーティーというケースもあるようです。
これはお互い再婚同士の時にもいえることですが、全く気にしない場合も増えています。

 

結婚件数の4組に1組が再婚という現在の状況です。
再婚だから結婚式や披露宴をどうしようと考えること自体、必要ないのかもしれません。
新たな門出なのですから、初婚と同様にお祝いしてもらうことは幸せなことです。

 

ご祝儀や招待客はどうすればいいのでしょう?

再婚の結婚式や披露宴には、誰を呼んでご祝儀はどうすべきなのでしょうか。

 

ご招待する人については、新郎新婦方の人数のバランスがとれていれば良いでしょう。
どなたに出てもらうかについても、人間関係が急に変わってしまうことは稀なことです。
ですから前回出席していただいた方が重複してしまうのは、仕方のないことです。
通常の式通り、出席していただける方に礼をつくせば問題ありません。

 

ご祝儀については、同じ方からまたいただくことに気兼ねすることもあると思います。
ただ、あまりかたくなに遠慮するのは礼を失することにもなりかねません。
引き出物やお料理などで、おもてなしするのもひとつの方法です。

 

また、披露宴を会費制のパーティーにするケースもあるようですね。
これならお客様の負担も減りますし、ご自身も少しは気が休まるでしょう。
いずれにしても新たな門出を祝福していただいて、決意を新たにする良い機会でもあります。

 

再婚の結婚式や披露宴は、お2人が納得できる形で行うのが良いと思います。

再婚の結婚式や披露宴はどうするのか関連ページ

女性の再婚禁止期間
再婚について、女性の場合は再婚禁止期間があります。
再婚と子供の姓や戸籍
子連れで再婚をする場合、子供の姓や戸籍には注意が必要です。養子縁組を行うと問題が解消されやすくなします。